JavaScriptの画像

【初めてのJavaScript】Progateで基本を学習〜出力、変数・定数の定義等〜

ProgateでJavaScriptの基本を学習!

Progateを使って、初めてJavaScriptの学習をしました!

復習のためのアウトプットです。

Progateは、初めてプログラミング学習をする方に、とってもおすすめです!

JavaScriptの画像

console.log();

()内の文字列や数値をコンソールに出力する。

(例)

console.log(“文系のIT遊記”);

出力結果

文系のIT遊記

let 変数名 = 代入する値;

新しく変数を定義する。変数を更新する時には let はいらない。

(例)

let animal = “ねこ”;

console.log(animal);

出力結果

ねこ

ちなみに値を更新するときは、letをつけずに下記のように書く。

animal =”鳥”;

console.log(animal);

出力結果

先ほどと同じコードを書いても、出力結果は更新後の値になる。

 

const 定数名 = 代入する値;

定数を定義する。値の更新はできない。constとはconstantのこと。

(例)

const animal = “ねこ”;

console.log(animal);

出力結果

ねこ

constで定義した定数をletの時のように更新しようとするとエラーになる。

`文字列${定数や変数}文字列`

文字列に定数や変数を含めるときは「“(バッククォート)」で全体を囲み、「${}」内に変数や定数を書く。

(例)

const animal = “ねこ”;

console.log(`私の好きな動物は${animal}です`);

出力結果

私の好きな動物はねこです

 

ちなみにバッククォートの入力方法はJISキーボードとUSキーボードで位置が違うようです。

私はJISキーボードなので「shift」+「@」で入力できました。

USキーボードだと、「1」の左隣にあるそうです。

JavaScriptの基本(出力、変数・定数の定義)まとめ

ノートと時計の写真

「console.log();」 で()内を出力。

「let 変数名 = 代入する値;」で変数を定義。

「const 定数名 = 代入する値;」で変数を定義。

「`文字列${定数や変数}文字列`」で文字列に定数を含められる。

 

今日のところは超初歩の初歩なので、次回以降も頑張ります!

 

bunkei_it

プログラミングって何?という人でも大丈夫!

Progateで一緒に学びましょう♪

JavaScriptの画像
最新情報をチェックしよう!