ノートと時計の写真

決め方・判断軸の出し方

何かに悩んだ時の決め方、判断軸の出し方

ラバーダックに聞いてもわからない

前回、ラバーダックの話をしました。

しかし、ラバーダックに相談しても、何度も同じところでグルグルしてしまい、先に進めないことがあります。

同じ問い、同じ悩みで止まってしまう。

そんな時に何をしたらいいのかというお話です。

 

決めないことを決めて、決めることを決める

何かを決めなければいけない時は、まず、何を決めないかを決めてしまいます。

つまり、考えても意味がないことは考えないということ。

 

例えば、挑戦したいことがある時。

この大学に進学したい。でも合格できるかどうかわからない、合格できなかったらどうしよう。

 

合格できるかどうかは、本人にも周りの誰にもわかりません。

確かなのは、その大学に進学したいと思っていること。

合格したいなら勉強するしかないこと。

ではどう勉強を進めていくか。

合格できるかな、大丈夫かな、で頭の中をいっぱいにするではなく、合格のために絶対に必要な勉強を、いかにしてやっていくか、こちらを考えるべきですよね。

 

判断軸を出す

そうはいっても、漠然と「どうしたらいい?何がいい?」を決めるのは難しい。

なぜなら、選択肢が無数にありすぎて、その中からどれか一つを選ぶなんて、すごく途方もないことに思えるからです。

「何食べたいー?」

と聞かれるのと

「ラーメンとパスタどっちがいい?」

と聞かれるのとでは、答えやすさが全く違います。

 

だから、何かを決めるにあたって「考えた方がいいこと」をいくつか挙げていく必要があります。

これが「判断軸」です

 

例えば転職したいと思っている時。

そもそも転職するのかしないのか。今の職場にい続けた方がいいのか、別の職場を探した方がいいのか。

漠然と「どうしよう…」と思っていると、ただ時間だけが過ぎていくことになります。

悩みたいだけであればそれでも良いのです。

しかし悩むことが目的ではなく、結論を出すことが目的であるなら、何を基準に判断するかを出してみるのが良いはずです。

漠然と考えるよりもその後の判断がスムーズにできます。

 

例えば、転職するかどうかであれば

・給料はたくさんもらえるか

・興味を持てることか

・人間関係は良好か

・成長できる環境か

・時間と場所の自由はあるか

などなど、少し考えてみるだけでも、たくさんの軸が出てきます。

判断軸を整理する

出せるだけ出したら、今度はその軸を似ているもの同士でまとめてみます。

思いつくままになんでも書いてみると、似ているものもいろいろ出てくるからです。

判断軸を元に、決める

次に、その軸で考えたときのメリットデメリットを出してみます。

または、重要だと思う軸はどれなのかを考えてみます。

成長の軸で考えた時のメリットデメリットは何か。

成長できれば興味がなくてもいいのか、人間関係が良ければ時間も場所も選べなくていいのか、等。

 

すると、どの判断軸を重要視して判断したいかがわかります。

それぞれの判断軸を基準にスムーズに決めていくことができます。

 

まとめ

決める時は、考えても意味がないことは考えない。

わかる範囲で考える。

決める時には判断軸を出す。

判断軸は何かを決めるにあたって考えておいた方がいいこと。

判断軸は思いつくだけ出して、整理する。

それぞれの軸のメリット・デメリットを考える。

どの軸を重要視するかを考える。

判断軸に基づいて、決めたいことを決める。

 

 

 

 

 

 

ノートと時計の写真
最新情報をチェックしよう!