【IT知識と無縁でも大丈夫!】約1ヶ月でITパスポートに合格した話〜番外編〜

気になる結果

喜びのイメージ画像。ジャンプする女性

9月に受験したITパスポート試験。

基準点に到達していたことは確認したものの、本当に合格しているのか半信半疑。

勉強法とかブログに書いちゃったけど、これで不合格だったらかっこ悪すぎて逆にネタになるなあ…と、ほんのり思っていました。

合格証書

しかし、昨日、ついに届きました。

f:id:bunkei_it:20201115161754j:image

情報処理技術者試験合格証書。

ITパスポート試験。

じわじわと嬉しい。本当に合格していたんだなあ。

振り返るとなんだか感慨深い。

合格までの道のり

合格までの道のりを、ブログの記事で振り返ります。

最初は「ITって何?」と思っていたところから始まりました。

 

挑戦してみよう!と思い立って試験について調べました。

分野が3つに分かれていることも、この時に初めて知ったんだよなあ……。 

 

Udemyの存在も、これまで知らなくて。なんて便利なんだろうって感動しました。

分厚い本だとひらけないけど、動画はサクサクみられてすごくわかりやすかったなあ。

 

本を買って使い倒しました。

毎日通勤バッグに入れて、朝も夜も隙間時間にサクッと数問進めていた記憶があります。

 

アプリも相当使いました。苦手な分野だけ。とにかく回して回して。

無料で過去問7回分に取り組めるって、本当にありがたいです。

 

時間のやりくりも大変だったけど、結果的にはよかったのだと思います。

 

なんとかやりきった、という感じです。

 

お疲れさまでした!

合格証書は

「1ヶ月間一生懸命にやりきった証」

だと思うと、素直に嬉しい。

次のPythonエンジニア認定基礎試験も、自信はなくて不安ばかりだけど頑張ろう。

過去の自分の頑張りに励まされた日でした。

復習ブログの小休止。

明日からまた頑張ろう!

最新情報をチェックしよう!